平谷村の概要




 

 



 平谷村は信州の南端に位置し、かつて信州と三河を結ぶ三州街道の宿場町として栄え、村の中心部で標高920mあり、大自然に囲まれ、人口589人(平成17年3月31日現在)で長野県下で最も人口の少ない村として知られています。

 村の総面積77.40平方キロメートルの内、96.7%が山林で占められ、なだらかな山々と古くからのたたずまいを残す山里、高原で夏の涼しさは格別であり中京圏の避暑地、観光地として発展が期待されるところがあります。

 このような豊かな自然を利用し、「人づくりは村づくり」を基本とした人材育成に取り組み新しい発想と技術力・開発力を掘り起こしながら魅力ある特産品の開発、イベントづくりなど総合的な観光立村を目指して推進しています。

 また当村は典型的な過疎地域で高齢化率も高く福祉の面に力を注ぎ、財政力も低く厳しい現状を踏まえ如何に有機的かつ効率的な財政運営を進めるか、課題も多く地方分権、町村合併も提起されている中、村の将来展望に夢を持ち若者を中心とした活気ある村づくりを目指しております。

高原野菜は行楽客の皆様に大変好評です。



←HOMEへ

(c)2003 平谷村役場;Hiraya-village government office. All rights reserved.